FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中
随時更新中

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A119 A118  
C-2A VAW120 TC-156 RCAF  
 
¥6050 ¥3300  
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050

その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

P1(1/72)_32

2017/10/29(日) 06:11:48

FOXONE ORIGINAL Kit
1/72 海上自衛隊 P-1 哨戒機 (量産機)

オモリを機首に取り付けますが、
片側に偏らないように、左右にバランス良く配置します。
72p1_13.jpg

内部の調整が済んだら、いよいよ本体を接着します。
3Dプリントは、パーツの合いが良いのですが、
インジェクションキットでも大きなパーツは注意が必要で、
端から止めて行ったら最後ずれていた何て事も起こったりします。
組み合わせたらマスキングテープでぐるぐる巻きにして動かない様にしてから、
瞬着を隙間から流します。
72p1_14.jpg

いつもは、サンドペーパーの事に触れませんが、
細かく製作過程をお伝えしているので、サンドペーパーにも触れてみたいと思います。
いつも使用しているのは、田宮製です。
厚味と堅さが丁度手にしっくりと来ます。
パーツの大きさによって違うかもしれませんが、
FOXの場合は、ペーパーを32等分したサイズで作業をしています。
半分、半分として行ったら、自然と32等分になります。
これは、角をなるべく多く使うためです。
カットしたら、番手を書いたクリップに挟んで準備完了です。
72p1_15.jpg

準備したペーパー一枚で処理出来る範囲は、赤枠で囲んだ範囲位です。
それだけやるとペーパーの目が詰まるので新しいのに変えて続きをします。
決して水研ぎはしないで下さい。
水分がパーツに付くと、パーツ表面に広がって傷や積層痕が綺麗に見えてしまいます。
そうすると、表面の本当の状態が分からなくなり、
乾くと隠れていた積層痕が見えて、いくらやっても綺麗にならないと言った事になります。
又、力を入れないで下さい。
綺麗にしようと一生懸命にやっても、力を入れた分、積層の段差部分では無く、
パーツ本体を気付かずに削ってしまいます。
あくまでも、ペーパーの効果が発揮できる範囲で作業します。
押さえる程度の力で研げなくなったら、新しいペーパーに直ぐ替える事を心掛けます。
72p1_16.jpg

上が処理前、下が上部だけ240番で処理した後の物です。
分かり易いように下面はやっていません。
と言いたいのですが、上面をやっただけで、
最初に準備した32枚のペーパーは使い果たしました。
240番と聞くと、普通の模型では荒い表面になると思う方が大半だと思いますが、
画像の様に大体綺麗に仕上がります。
これは、一回目の表面処理状態です。
アクリル樹脂はキャストやプラ素材とは違うので、
実際に触って作業してみないと実感するのは難しいかもしれません。
72p1_17.jpg

スポンサーサイト
P-1記事全文トラックバック数:-コメント数:0
<< SAAB340_JCG00ホーム全記事一覧P1(1/72)_31 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.