FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中
随時更新中

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A119 A118  
C-2A VAW120 TC-156 RCAF  
 
¥6050 ¥3300  
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050

その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

Harrier_25

2017/03/10(金) 01:07:46

FOXONE ORIGINAL Kit
Sea Harrier FA/2
1/144
こちらの商品、元は2014年に発売したFA.2のデカールバリエーションキットとなります。
重複して申し訳ありませんが、デカールのプリントが外注となった事から、
価格を合わせる為にA053キットから外されたデカールセットを商品化した物です。
言うまでも無い事かとは思いますが、現在のA053のキットには1種類のデカールしかセットされていません。
av8a_61.jpg
後で作ろうと思いながら早3年、今回このカラーリングを完成させるにあたり、
技術の進歩と言う物をまざまざと感じてしまいました。
キャストキットって、擦り合わせが必要なんですね!
何を今更と仰るかと思いますが、A053の後は全て3Dプリントキットばかりを製作していた訳です。
最初にも触れましたが3年間キャストキットを作ってなかったんですね~驚きました。
更に、難易度が高い事に気付いて二度驚いてます。
キャストに対する感覚を取り戻すのに時間もかかってしまいました。
当たり前の事をこれから書きますが、
胴体の最中パーツはバリを落とし、接着したら接合面を整形し、消えたモールドは彫り直す。
モールド彫り直そうと思ったら、キャストが柔らかくてデザインナイフでぶった切ってしまいました。
力加減が3Dプリントパーツのアクリルの堅さに慣れてしまっているので、
感覚を取り戻すのにも四苦八苦です。
3年前は、ハリアーの完成品を12個も作ったと言うんですから、ここでも又驚きです。

しかし、元から好きで選んだカラーバリエーションですから、
完成すると鮮やかな記念塗装のブルーに惚れ惚れします。
良くも悪くも、デカールの外注と言う要因が無ければ形になる事が無かったかもしれません。
何はともあれ、完成品に出来た事に感謝です。

SEA HARRIER FA2
キャスト複製パーツ
1/144
価格¥3500
A093BOX400.jpg

で、技術の進歩ですが、
キャスト複製とダイレクプリントでは、モールドのシャープさが違いますね。
当時はモールドも細かく確り入っていると自信を持っていましたが、
今並行して製作しているTA-4Jと比べるとダイキャストモデルの様な、
角が取れたモールドと言った感じがします。
今の視点で見ると「もっとシャープに出来るのに」といった感じです。
後は組み易さ、3Dプリントパーツはバリ取り作業や組立てのための擦り合わせ作業が、
キャストパーツと比べると無いに等しいと感じます。
3Dプリントパーツは表面処理が必要ですが、それが終れば塗装して組み付けるだけです。
キャストパーツも、合わせ目を処理するためには表面処理が必要な事を考えると、
いかにダイレクトプリントの恩恵を受けているかが再認識出来ました。

そう言った意味でも、今回の製品は様々な将来の可能性を見せてくれた一品になりました。
スポンサーサイト
AV8 HARRIER記事全文トラックバック数:-コメント数:0
<< TA-4_06ホーム全記事一覧2月22日なので撫子です >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.