FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中
随時更新中

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A119 A118  
C-2A VAW120 TC-156 RCAF  
 
¥6050 ¥3300  
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050

その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

10式_01

2013/09/30(月) 04:02:01

TAMIYA
陸上自衛隊10式戦車
1/35

第二の難関である砲塔後部ラックのメッシュ貼りが完了しました。
まぁ~実に面倒な作業でしたね。
スケールから言えば再現されて然るべき物なのですが、
その再現方法がもうちょっと簡単に出来なかった物かと欲が出てしまいます。
でも、努力したら努力したなりの成果は出ているので救いですね。
10sihki_05.jpg

塗装前にサフ吹きをします。
繋ぎ目で気になる部分はこの時にパテ等で修正します。
10sihki_06.jpg

戦車は飛行機と違って凹凸が激しいので迷彩柄のマスクには苦労します。
この10式では、ブラウンに塗装する部分に車長用サイトと砲手用サイトの大きな構造物があるので、
グリーン部分をマスクする事にしました。
塗装図をスキャンしてサイズを合わせて出力し大まかな当たりとします。
もちろんそのままではマスクにはなりませんので、
繋がらない部分はマスキングテープで辻褄を合わせます。
今回の選択が功を奏したのか、マスクを食み出す部分が無い状態で塗装が出来ました。
一安心です。
10sihki_07.jpg

スポンサーサイト
陸系1/35記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Harrier_03

2013/09/23(月) 02:00:09

FOXONE ORIGINAL Kit
HARRIER Gr1/Gr3/AV-8A
1/144

パーツ分割まで出来ました。
前回からここまでの作業で再度パーツの合わせをチェックしたら、
やっぱりと言うか作業を進めていると、
パーツ同士がぶつかっている場所が見つかりましたので修正しました。
av8a_10.jpg

早いところ原型を用意したい気持ちはありますが、
焦って母型を失敗すると余計に時間がかかってしまいますので、
逸る気持ちは押さえて作業を進めなければいけませんね。
AV8 HARRIER記事全文トラックバック数:-コメント数:0

10式_00

2013/09/19(木) 00:05:06

TAMIYA
陸上自衛隊10式戦車
1/35

モデリングの作業も少しばかり疲れて気が散ってきたので、
市販のキットを作って気分転換したいと思います。

ず~っと飛行機ばかりでしたので、飛行機以外の物を作りたくなります。
海系にしようか陸系にしようか迷って、今回は全てが最新尽くめの10式にしました。
10sihki_00.jpg

塗装の事を考えてしまうので説明書を何度も読み返しますが、
飛行機系意外は勝手が分からず、毎度の事ながら頭が混乱します。
それでも説明の順番から車体下部の製作を始めました。
戦車に詳しい訳ではありませんが、最近の戦車は随分とあっさりした足回りだと感じました。
転輪はポリキャップが入っていて取り外せるので、塗装の際は外して塗装する予定です。
履帯は、塗装をや汚しを済ませてからの予定なので、今はスルーします。
10sihki_01.jpg

今回、このキットの中で一番厄介だな~と思ったのが、メッシュ貼りです。
説明書にも「工作に自信のある人は~」と書いてあります。
正直、自信の無い私としては避けたい作業でしたが、
砲塔バスケットにも貼らなければいけない事を考えると、
避けて通れないと言う事で何とかがんばってメッシュを貼り終えました。
説明書には書いてませんが、メッシュの貼り方が悪いのか、
D19とD22のパーツに挟んで接着しようとすると、少し浮いてしまいます。
私の場合、上側のD19のパーツにメッシュが干渉していたようなので少し削って調整しました。
10sihki_02.jpg

ヘッドライトパーツが組み上がれば車体上面パーツは合いも良いので直に組みあがります。
10sihki_03.jpg

砲塔は上下左右後ろと5パーツに分かれていますが、
分割数の割には、何も問題なく組みあがります。
大抵は面でパーツ分割されていると貼り合わせに苦労するものですが、
精度が高いので何も考える必要がありません。
10sihki_04.jpg

ドライバーズハッチと車長用キューポラのペリスコープ部分には、
透明プラ板のようなパーツを差込ます。
最初は透明を生かそうかと思いマスキングゾルまで塗りましたが、
ここに来て全体を見たら、塗り潰しても問題ないんじゃないかって気持ちになりました。
まあ、作業してストレスにならない方向で作業したいと思います。
陸系1/35記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Harrier_02

2013/09/15(日) 00:27:11

FOXONE ORIGINAL Kit
HARRIER Gr1/Gr3/AV-8A
1/144

とりあえずは、最初に用意する3種類のバリエーションと武装の基本モデルが揃いました。

GR.1
これから作るハリアーの基本形態になります。
これが無いと始まりませんね。
この前の説明では文章だけでしたが、
今回はノズルを下向きにした状態でレンダリングしました。
av8a_07.jpg

GR.3
主にセンサー関係を強化した状態です。
垂直尾翼も実機で12.5cm高くなっているので、その分背を高くしています。
給油プローブパーツはGr1とAV-8Aにも付属します。
サイドワインダーは市販の武器セットに入っているので、
F-16同様にセットはしないと思います。
パイロンとの合わせを確認するために配置しました。
av8a_08.jpg

AV-8A
GR.1と基本同じですが、背中にUSハリアーの特徴である、
UHF/VHFアンテナが付きます。
av8a_09.jpg


一応3種類揃いましたが、
モールドを彫る作業の前に再度分割や形状をチェックしなければいけません。
バリエーションは型の共有部分が増えて製作コストを下げる事ができるのですが、
変更するパーツを確り把握しておかないといけません。
後で共有出来ないなんて事が分かったら折角のコストダウンが台無しになってしまいます。
AV8 HARRIER記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Harrier_01

2013/09/13(金) 02:20:05

FOXONE ORIGINAL Kit
HARRIER Gr1/Gr3/AV-8A
1/144

製作の遅れているハリアーも作業を再開しました。
作業の中断が少々長かったのでどこまでやっていたのかを把握するのも時間がかかってしまいました。
足りないパーツを作り、とりあえずは本に必要な物が揃いました。
av8a_04.jpg

パイロンもまだで、セットする武装も吟味中です。
ノズルはパーツ構成上、分割しているので方向は好みの状態に出来ます。
av8a_05.jpg

翼端の補助脚は飛行状態と駐機状態のパーツを用意します。
av8a_06.jpg

次の作業は、最初に考えているバリエーションパーツの製作ですね。

AV8 HARRIER記事全文トラックバック数:-コメント数:0

P1 Full scratch building_19

2013/09/05(木) 21:45:06

P1 1/72 Full scratch building

飛行スタンドも完成しました。
これでP1の製作作業は本当に完了です。
p1_44.jpg

本当は前日に完成する予定だったのですが、
アクリル板を組んだ時に噛み合わせがキツイ部分があり、
無理やり押し込んだらパッキリと割れてしまいました。
そのため、もう一度作り直す事になり1日完成が遅れた訳です。

完成品を飾るショーケースが有るのですが、斜めにしてギリギリの大きさでした。
P-3よりちょっと大きいくらいだから大丈夫と思ってましたが、
危ない所でした。
XB-70も収まったケースなので、それもあって楽観視してましたね。

それにしても72はデカイです。
完成したから迫力があっていいな~って事も言える状況ですが、
たぶん、この大きさを知っていたら72で作ろうなんて考えないでしょうね。
普通の人は後先考えるから作らないかw

ギャラリーもUPしましたので、よろしければ見てやって下さい。

実物もお見せ出来る機会があれば良いのですが、
多分、2014WFがその機会かなと思ってます。
P-1記事全文トラックバック数:-コメント数:0

P1 Full scratch building_18

2013/09/03(火) 12:55:06

P1 1/72 Full scratch building

やっと完成しました。
と思ったんですが、スタンドの事をすっかり忘れていました。

でもとりあえず本体の完成です。

自ずと下からの見上げる画像が多いので、
この辺のアングルは馴染みがあありますね。
p1_40.jpg

飛行状態を上から撮った画像が少ないので、このアングルは新鮮です。
今回(次回は無いけど)のモデルは内部の無いモデルなので、
窓関係は透明ではありません。
その代わりに、ハセガワの偏光フィルムを使用し、
少しですが雰囲気が出るようにしたつもりです。
p1_41.jpg

後方下からのアングルも良いですね。
アンテナ関連を取り付けるとつかめる場所が少なくなるので、
仕上げの作業は大変でした。
p1_42.jpg

前縁フラップの内側が、3号機以降は赤じゃない事が組み立て中に分かりました。
その他にも、最終組立て中に違うところや、足りない部分を発見してしまいました。
対応出来る所は後から追加工作しましたが、出来ない所もありました。
まあ、お手本の無いフルスクラッチですので大目に見てやってください。
p1_43.jpg


スタンドを作ってから本家ギャリーの写真を撮りたいと思います。
そちらでは各部のアップも載せようかと思ってます。

いや~それにしても最後の仕上げに時間が掛かってしまいました。
主な原因は、私の能力がマルチタスクではなく、
シングルタスクにしか対応出来なかったせいです。
色々な事を一度にやろうとすると、全てが中途半端になってしまうので、
途中からは一つずつに絞って作業を進め、やっと完成出来ました。
やりたい事が沢山あっても思い通りに進まない時は歯痒いし、
自分の能力の低さにがっかりします。
これからも、能力に合わせて一つずつ解決していこうと思います。
P-1記事全文トラックバック数:-コメント数:2
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.