FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中
随時更新中

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A119 A118  
C-2A VAW120 TC-156 RCAF  
 
¥6050 ¥3300  
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050

その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

TAV-8B_00

2009/07/31(金) 00:45:59

TAV-8B HARRIER Ⅱ

今月号の航空ファンは、私の大好きなハリアーの特集でした。
やっぱり格好良いですね。
そんな中でも複座は独特の魅力を感じます。
で、WFが終わりちょっぴり気の抜けた状態で、
何を作ろうかなと考えてた所に航空ファンで火が着きました。
tav8b_00

実は、数年前にエアフィックスのTAV-8B/T10は確保していましたが、
作りたい物が沢山あり、作るタイミングが中々ありませんでした。
tav8b_01

そんなこんなで早速パーツチェック。
可動部分は凹彫りですが、パネルライン等は凸筋です。
ま、古いキットなのでその辺は覚悟してましたので、
パネルラインは彫り直す事になります。
主翼の繋ぎも隙間があるのでパネルラインを彫り直した後に、
胴体との隙間を繋げてあげる必要がありますね。
その他に取り付けるインテイクはまだ合わせてないので分かりませんが、
きっと何かあるでしょうね。
tav8b_02

出来れば今回一緒に作りたいストックがありますが、
う~ん、又自分を苦しめるような気がするな~。
tav8b_03
スポンサーサイト
AV8 HARRIER記事全文トラックバック数:-コメント数:0

WF2009夏-無事終了

2009/07/27(月) 18:47:15

WF2009夏

WFに参加された皆様お疲れ様でした。
お忙しい中、FOXONEへお立ち寄り頂いた方、
そして購入して頂いた皆様有難う御座いました。
おかげさまで、初参加としては思いの他良い結果を得られたと満足しています。

商品と完成品を事前発送していましたが、
ミステルが3段共に分解してしまいました。
その他は無事だったので良かったのですが、
瞬着も何も修理する為の道具を持って行かなかったのでかなり焦りました。
しかし、お隣のモデューロ様からタミヤの使い切り瞬着を頂き大変助かりました。
お蔭様で無事全ての完成品を展示する事ができました。
モデューロ様有難う御座いました。
WF2009_00

ブログを見ている方も来て頂き、少しの時間でしたがお話も出来てとても嬉しかったです。
沢山の方が足を止めて完成品をじっくりと見て頂いたのも嬉しかったですね。
冬フェス参加に向けて頑張る意欲が沸いてきます。
その、冬フェスに向けての「キット化予定(未定)」の展示もしました。
一つはブログでも書いていたJu88A-4です。
もう一つTa183も密かに作っていたので一緒に展示しました。
展示した物は、共にバルサを両面切削したパーツを組み合わせた物です。
ま、予定は未定なので、適当に待ってて下さいw
WF2009_03

で、悲しいお知らせですが、
会場から発送した完成品が9個中7個破損して到着しました。
これは私の判断ミスが大きいですね。
WF2009_02
WF2009_01
行きは、荷物を扱う側も余裕があり、そうそう乱暴な扱いはしないので1個以外無事でしたが、
帰りは、発送受付場のあの混雑っぷりを考えると、どんな梱包をしたとしても、
完成品を入れたこと事態が過ちだったと言う事になりますね。


今回の参加で忘れちゃいけない物と、
やってはいけない事が多くの部分で分かりました。
これを教訓に次回は失敗を一つでも無くそうと思います。
とりあえずは、完成品を早く修理して元の状態に戻してあげたいと思います。

サイトも早めに更新して通販を再開しないといけませんが、
何とも歳のせいでしょうか、朝起きたら腰が痛くて起きられずに苦労しました。
本当に皆様お疲れ様でした。
WF記事全文トラックバック数:-コメント数:0

next original kit

2009/07/22(水) 17:46:27

荷造りが終わり発送を済ませて、WFの準備は一応終わりました。
後は当日を待つのみと言う事になります。
一息ついてゆっくり、と行きたい所ですが、
次回WFの申し込みと締め切りは、終了後一ヶ月程で来てしまいます。
その現実を考えると、今の段階で次回作を考えなければいけないと言う事になりますね。

色々と作りたい物があるので迷ってしまいます。
手元に十分な資料のある物でないと結構行き詰まったりします。
その辺を踏まえると、資料が揃っていて、72も作った事がある
「Ju88」あたりが候補となります。

頭の中で考えていても埒が明かないので、
Bf108を作った時の様に144の形状試作モデルを作る事にします。

早速平面図を取り込みモデリング用図面を起こしました。
各平面をクロスさせて擬似立体を作ります。
ju88a4_00

それぞれのラインを繋げてポリゴンの立体モデルを作ります。
モデルは特徴的な部分を再現させるのが目的です。
再現出来るまで何度も作り直す必要があるのでローポリで作っていきます。
ある程度形状が出来たら、曲面部分等にRを足します。
形状試作用であれば、このくらいのモデルで十分だと思います。
これを分解してMODELAで切削出来るデータを作ります。
ju88a4_01


書籍に付いてる図面がA-4なので、今回はA-4です。
切削が間に合えば会場に持って行こうと思います。
オリジナルキットへの道記事全文トラックバック数:-コメント数:0

E-2C_22

2009/07/19(日) 22:44:44

E-2C HE2000

ども、サイトを御覧になった方は既にご存知かと思いますが、
108が間に合わなかった時のために保険としてE-2Cの改造パーツを作ってました。
8ペラの改造パーツを作る時から、
これ有りだなと思ってたのでいつかは作るつもりでした。
ハセガワからも72で出てますが、流石に72で作ると飾る場所が無くなってしまいますからね。

制作は、胴体の直径を計り下部膨らみのポイントをノギスで計測して3DCGに起こします。
全体をモデリングして胴体と接触する部分を試し彫りします。
一度目でほぼ問題ない状態ですが、気持ち下部膨らみ部分が浮いてる感じがしたので、
その部分のデータを修正します。
cec_00

シリコン型に起こします。
一応説明を入れると、上下画像までの間に試作品があります。
ピタリといい感じで取り付けられます。
cec_01

レドームの衛星通信用パーツを取り付ける際には、
キットに有るモールドは削り落として接着します。
cec_02

で、いきなり完成画像。
デカールはハセガワと別の物をチョイスしようかとも考えたのですが、
ハセガワの選択は的を得ています。
VAW-117とVAW-125のCAG機が一番格好良いな~と思います。
そんな訳で、今回は素直に同じ物をセットしました。
しかし、キットを買ってないので細かい部分等が分かりません。
ま、そこはネットの力を借りて克服しました。
cec_03


詳細はサイトを御覧頂きたいですが、簡単に説明をしときます。
8枚プロペラ/レドームパーツ/VAW117、VAW125のデカール1枚で
価格は¥1500です。
よろしくお願いします。
E-2C記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Bf108B[1/144original kit]_30

2009/07/18(土) 03:00:24

Bf108B[1/144original kit]

完成品が出来ました。
と、今日出来たように言ってしまいましたが、
実は3日前に完成してました。
仕事や私用や何やかんやと、こまごま忙しい事が発生して更新作業が出来ませんでした。
時期って重なるんですね・・・。
bf108b_56
デカールも当初予定通りに5種類用意出来ました。
bf108b_57

で、パッケージングも終わって商品が完成してます。
販売価格は¥3000です。
今回生産個数は50個です。
この数が多いのか少ないのか初参加なので良く分かりません。
bf108b_58

まだ、少し忙しいのでギャラリーの更新はしてません。
なるべく早めに更新したいと思ってますが・・・。
準備する事が多いと何から手を付けたら良いやら。
一つ一つの作業はそれ程でもないんですがね~。
何で忙しいんでしょう?
Bf108記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Bf108B[1/144original kit]_29

2009/07/13(月) 22:46:32

Bf108B[1/144original kit]

ディレイドタイプのクリアキャストが午前中に到着しました。
早速試し抜きをしました。
前回の経験を踏まえて何度か抜いた所、
パーツ形成部に気泡の無い物が出来ました。
3、4回に1度は失敗しますが、硬化も早いので数をこなせば問題無さそうです。
bf108b_53

制作途中の機体に合わせます。
キャノピーパーツは磨いてクリアーを吹きます。
すり合わせを十分にすると、綺麗にはまります。
組み付ける時は、胴体パーツを少し前後に開くのがコツです。
bf108b_54

綺麗に整形出来たキャノピーパーツですが、
内側のトランクルームとの仕切り板までは中々綺麗に整形出来ませんでした。
完璧に出来たパーツを作ろうとすると9割は駄目になってしまいます。
そこで、仕切りパーツを追加しました。
これで問題無く組み立てられます。
bf108b_55


と、キャノピーの問題も解決した所で、
タイミング良くWF最終案内が届きました。
卓はC06-09です。
FOXONE DESIGN STUDIOは仕事で登録してる屋号名です。
よろしくお願いします。
WF2009S
うう(涙)キャノピー間に合ってよかった。
説明書もこのキャノピー仕様で作ってたので無駄にならずに済みました。
デカールも塗装図もパーツも有ります。
あ、外箱に貼る完成見本がまだだ!
まだ間に合う!!
Bf108記事全文トラックバック数:-コメント数:2

Bf108B[1/144original kit]_28

2009/07/10(金) 22:24:00

Bf108B[1/144original kit]

キャノピーパーツですが、
結局、クリアレジンは使い物にならず、
またまたシリコン型を破壊してしまいました。
予備にと流しておいたシリコン型でクリアキャストを流してみました。
やはり硬化速度が速いのか、気泡だらけになってしまいます。
しかし、状況を色々変えて流して実験してみたところ色々な事が分りました。
1・混合する前に真空脱泡機でA,B液を脱泡。
2・攪拌する時は掻き混ぜずにゆっくりと混ぜる。
3・反応時間を延ばすために冷蔵庫に入れる。
以上の事をすると泡が少なくなる事が分りました。
型に流してから脱泡すると、逆に反応が早くなり泡だらけになります。
以上の状況から元から反応時間の長いディレイドタイプであれもっと綺麗になるはずです。
そんな訳で只今ディレイドタイプのクリアレジンキャストを注文中です。
来週には届くはずです。
bf108b_52


さあ~お祭りが目の前に迫って着ましたが間に合うでしょうか。
本人が一番ドキドキしてます。
Bf108記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Bf108B[1/144original kit]_27

2009/07/06(月) 21:07:33

Bf108B[1/144original kit]_27

エンジンを組み込まない機首パーツが出来ました。
4パーツで機首を組み立てられます。
エンジンの排気管は、エンジンパーツの排気管を切って取り付ける仕様になってます。
水平垂直に気を付ければ簡単に組み立てられます。
bf108b_50

完成品用に組んでいる機体に取り付けます。
bf108b_51


後はキャノピーさえ抜ければって所ですが、
出来た型にもう一度、クリアレジンを流しました。
キャノピー型の予備に又一個シリコンも流してます。
Bf108記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Bf108B[1/144original kit]_26

2009/07/04(土) 20:15:41

Bf108B[1/144original kit]

キャノピーのシリコン型が出来たので、早速クリアレジンを流しました。
カップの余ったレジンが硬化していたので、本体の整形品を取り出そうと思い手をかけたところ、
ぴったりとくっ付いて剥がれません。
何で何でと思いながら剥がそうと試みましたがいくらやっても剥がれません。
そのうちに型が裂け始めてきたので、仕方ないと諦めて原因を調べる為に無理矢理剥がしました。
色々と見てみましたが原因が分かりません。
クリアレジンが原因かと思い、まずは壊れても良さそうな型に流して実験しましたが、
そちらは問題無く綺麗に抜く事が出来ました。
う~ん、何が原因なのか良く分かりません。
現在もう一度シリコンを流して型を作ってます。
bf108b_49


MODELAさんの切削状況:機首パーツ
Bf108記事全文トラックバック数:-コメント数:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.