FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
オリジナルキット販売中
画像をクリックすると
詳細ページが開きます。

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A118    
TC-156 RCAF    
   
¥3300    
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050
     
A114 A113 A112
1/72
P-1哨戒機
3D printing
T-2E
HAF
RF-5A
HAF
3D printing
¥150000 ¥3300 ¥4000
 
A111 A110 A109
F-5A
HAF
3D printing
EP-3E
VQ-2
3D printing
Mirage III RD
3D printing
¥4000 ¥2800 ¥4000
 
A108 A107 A106
Mirage III R
3D printing
MD-21
3D printing
EP-3E
VQ-1
3D printing 
¥4000 ¥3500 ¥2800
 
A105 A104 A103
AH-1W
3D printing
TA-4F
VC-8
3D printing
 TA-4J
VF-126
3D printing
¥5500 ¥4500 ¥4500
 
A102 A101 A100
AV-8S
MATADOR
AJS-37
3D printing
AH-1Z
HMLAT-303
3D printing
¥3850 ¥6500 ¥5500
     
A099 A098 A097
OA4M
MAG-12
3D printing
F-16D
Barak
3D printing
F-16C
Barak
3D printing
¥4500 ¥5500 ¥5500
     
A096 A095 A094 
T-38A
Thunderbirds
3D printing
TA-4J
Bule Angels
3D printing
 TA-4J
IAF
3D printing
¥4000 ¥4500 ¥4500 
 
A093 A092 A091
Sea Harrier
FA.2
 A-7D
33TFS
3D printing
TA-4J
VT-7
3D printing
¥3850 ¥5500 ¥4500
 
A090 A089 A088
T-38A
N864NA
3D printing
T-38A
445th FLTS
3D printing
T-38A
1st RS
3D printing
¥4000 ¥4000 ¥4000
 
A087 A086 A085
F-16XL
NASA
3D printing
Mirage IIIC
3D printing
Mirage IIICJ
3D printing
¥5500 ¥4000 ¥4000
     
A084 A083 A082
HUNTER F58
3D printing
HUNTER F58
3D printing
HUNTER F6
3D printing
¥4500 ¥4500 ¥4000


その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

Su-27/33_25

2008/08/30(土) 22:54:49

Su-27/33(星井美希カラー)

・塗装-マスキング編
クラフトロボで切出した☆を使ってマスキングをします。
インクジェットラベルを使用しているのでシールと同じ要領で貼っていきます。
su33_93

貼って行きますが、小さい上に数が多いので半分くらい貼った時点で集中力切れです。
su33_94

30分程休んで作業再開。
上面の☆マスク終了。
そうです、上面だけです。
まだ下面と側面があります。
su33_95

上面よりも下面の方が☆が多いです。
何か、また「修行モード」です。
休み休み下面も貼り終えます。
su33_96

残るは側面となりました。
上面や下面に比べれば数は少ないですが、
先に貼った上下面の☆に繋がる様にしなければいけない事に気付きました。
ま、現物合わせって事で全て貼り終えました。
su33_97

塗装を続けてやってしまいたいですが、集中力切れで無理っぽいです。
ここまで来たら焦る必要も無いでしょう。
スポンサーサイト
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Su-27/33_24

2008/08/24(日) 22:25:50

Su-27/33(星井美希カラー)

・塗装
パーツも揃い、下準備も出来たのでいよいよ塗装です。
「塗装です。」とは言いましたが、模型制作に必要なデータが公開されている訳ではありません。
なので、自分で色を決めるしか有りません。
まずは、必要な色を割り出します。
そして、家にあるグリーン系の塗料を並べまて比べます。
・・・キャップの色って当てにならないんですよね。
su33_88

そこで、プラ板を短冊切りにしてカラーチップを作ります。
いや~これ作るだけで2時間掛かってしまいました。
普段の塗装がエアブラシなので、筆で塗ると微妙に発色が変わります。
そんな訳で、全てエアブラシで塗装しました。
洗っては吹いての繰り返しです。
「他の塗装の時にも役立つ」と信じてやり遂げました。
su33_89

そんな苦労を経て、必要なカラーの選択です。
画面のカラー調整によっても色味が変わってきます。
自分の好みはやはりミリタリー系なので落ちたトーンを選択。
最終的にはC52(本体)、C122(流れる帯)、C312(星)の3色にしました。
su33_90

星が細かいので最初に塗装してマスクする方法で塗装します。
C312でパーツを塗装します。
su33_91

クラフトロボで最初に作ってあったマスク用の☆を切出します。
今回はどこに星が有るか分かるよう赤で縁取りました。
su33_92
やっと、タイトルの「星井美希カラー」っぽい制作になってきました。
後もう少しだと信じたい。
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Su-27/33_23

2008/08/23(土) 21:39:48

Su-27/33(星井美希カラー)

垂直尾翼のモールドが彫り終わりました。
サフを吹いてモールドの確認をします。
彫り過ぎた部分があればパテ埋め修正します。
su33_83

水平尾翼のモールドも完成です。
su33_84

キャノピーパーツのヒートプレスをします。
だいぶ前に作ってあった型にモールドを入れてマスキングの目安にします。
プレスの成功したパーツはそのまま外さずに余分を切取りテープで止めておきます。
su33_85

モールドを元にマスクをします。
この後切出すために切出しラインをペンで描き込みます。
su33_86

切出しラインのわずか残して切出します。
現物に合わせながらペーパー少しずつ削って調整します。
su33_87

仕事は最終調整が残っていますが、山場は無事越えたようです。
これで、土日は前のように模型制作に使えるようになるのかな。
しかし、何ヶ月も家の片付けをサボっていたのでそちらもどうにかしないといけませんね~。
まずは家の周りの雑草を何とかしなければ・・・。

Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Su-27/33_22

2008/08/10(日) 22:44:25

Su-27/33(星井美希カラー)

垂直尾翼の続き
表面処理したパーツを繋げて一つにします。
一つにすると方向舵パーツに厚味が有るのが分かりました。
面が揃うようにパーツを仕上ます。
su33_81

モールド彫り
いつものようにペンでラインを書き込みケガキ針でモールドを彫ります。
su33_82

今回は土日共に出勤していたので、あまりヘビーな作業は出来ませんでした。
仕事の方は来週がタイムリミットです。
再来週頭には今作っている映像の杮落し日となるので、大きな作業は再来週からでしょうか。
ちなみに今やってる仕事は科学技術館の「シンラ(Synra)ドーム」で放映するコンテンツです。
タイトルは「セントラルドグマ」ですので、機会のある方はご覧頂ければと思います。
ちなみのちなみですが、YoyTubeで「セントラルドグマ」を検索すると、
上野国立科学博物館の特別展示で放映していた物が見れます。
シンラドームで放映する映像は360°全天の立体映像なので今までの平面画面で見る映像とは一味も二味も違います。
放映期間の詳しい事は科学技術館サイトにあると思いますので、そちらに任せるとします。
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Su-27/33_21

2008/08/03(日) 22:43:54

Su-27/33(星井美希カラー)

垂直尾翼の処理をします。
2パーツで構成されている垂直尾翼を取り付けようとしたところ。
操舵面のパーツが小さいのか隙間と段差が出来てしまいます。
接着面にプラ板を接着して幅を合わせます。
su33_78

プラ板の処理をしていたら、こちらのパーツもヒケが大きい事が分かります。
su33_79

ポリパテにて処理します。
su33_80
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Uボート タイプ9B

2008/08/03(日) 22:34:44

DKM U-bost Type 9B

ドイツ海軍 ウンターゼーボート(Unterseeboot)
メーカー:ホビーボス
スケール:1/700
u9b_00

この種類は今まで作っていて、概ね大きな改造のいらない「お気楽キット」的な存在です。
今回も、ノーマルに組み立て完成品を楽しもうと思ってました。
その証拠に、そのまま組んで目立つ組立の段差以外はノーマルのままで塗装まで済ませていました。
u9b_01

しか~し、この手摺りは色を塗ると目に付いて仕方有りません。
何とかしたいが、今回は時間と手間は掛けたくない。
真鍮線で作り直すのが良いのでしょうが、それでは時間が掛かってしまいます。
かと言ってエッチングパーツを使えるかと言うと、丁度合った物を探すのは時間が掛かるし何よりもお高いです。
u9b_02

そこで思いついたのがMODELAさんです。
この手摺りも結構細い物だし前回失敗した。
アフターバーナーのパーツのテストと練習をかねてモデリングします。
データさえ作ってしまえば彫るのは機械なので時間の点はクリア。
最初は、0.3mm計算でモデリングして彫って見ました。
削れた状態は良かったのですがおゆまるで反転してキャストを流したところ、
キャストでも0.3mmは細すぎたみたいで上手く行きませんでした。
u9b_03

次に0.5mmでモデリングし直して掘り出します。
u9b_04

おゆまるにて反転。
u9b_05

キャストを流します。
u9b_06

今度は綺麗に出来ました。
u9b_07

底の余分なキャストを削って手摺りだけにします。
u9b_08

本体の手摺りを削り取り塗装し直します。
u9b_09

切出した手摺りを瞬着で止めていきます。
u9b_10

手摺りに色を塗り、スミ入れして錆の汚しを入れたら何か気分が乗って来たので張り線してしまいました。
Uボートは詳しくないので手元の資料で分かる範囲です。
u9b_11

そんな訳で完成です。
u9b_12

今回はドノーマルで完成させるつもりが、結構手を加えてしまいました。
その代わり満足度も高い物が出来ました。
MODELAの極細パーツの切削テストも出来、尚且つ使えるパーツを作れたので更に良しと言うところです。
Uボート記事全文トラックバック数:-コメント数:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。