FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中
随時更新中

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A119 A118  
C-2A VAW120 TC-156 RCAF  
 
¥6050 ¥3300  
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050

その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

Su-27/33_15

2008/06/29(日) 00:33:52

Su-27/33(星井美希カラー)

尾部の処理
27・大まかに整形したものを更に細かく整形していきます。
まずは、上面形状を整えます。
左が整形前で右が整形後です。
28・更に尾部先端を薄くなるように加工します。
su33_44

カナード取付部
29・ペンで大まかに削る位置を書き込みます。
30・デザインナイフで削り、ヤスリで表面を整えながら形状を出します。
su33_45

モールド
カナードや尾部にモールドを入れなければいけません。
元のモールドが凸モールドなので彫り直していましたが、
ペーパー掛けをしたら殆ど消えてしまったので図面を元に彫り直す事にしました。
図面通りにと行きたい所ですが、機体の形状が微妙に違うので合わなくなってきます。
ここは、ある程度目を瞑りペンで書き込みます。
上面はエンジン周りだけだったのですが、集中力が切れてしまったので、とりあえず無理しない事にしました。
su33_46

今契約している先から頂いてる仕事の締め切りが近くて中々作業が進みません。
更に、今の仕事の関係先からもモデリングの仕事を頂いてます。
中々大変な状況ですが、両方の仕事を乗り切って美希カラー機を完成させたいです。
少しでも時間が出来た時は、何かしら作業をしようと思います。
スポンサーサイト
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:2

ロシア海軍アクラ級原子力潜水艦

2008/06/28(土) 19:32:21

ロシア海軍アクラ級原子力潜水艦
メーカー:ホビーボス
スケール:1/700
P1400470

パーツは上下分割の船体とシュノーケルやスクリュー等のパーツで構成されています。
P1400471

それぞれを組合わせて直に形になります。
P1400484

スクリューは削り込んでピッチのある状態にします。
P1400487

シュノーケルが伸びた上体で組みますが、キットのパーツには開状態のハッチがモールドされていません。
プラ板を切ってハッチを追加します。
P1400490

繋目の処理後サフを吹きます。
白帯のために、先にホワイトを吹きます。
P1400491

マスクしてブラックを吹いたらラインが完成します。
P1400492

シュノーケル部も塗り分けます。
P1400493

デカールを貼ってスミ入れをして艶消しクリアーでコートします。
今回はウェザリングマスターのホワイトで凸部にハイライトが入るようにしてみました。
P1400494

塗装したスクリューを取り付けて完成です。
P1400495
ロシア海軍アクラ級原子力潜水艦記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Su-27/33_14

2008/06/21(土) 22:31:46

Su-27/33(星井美希カラー)

カナード取付部の改造の続きです。
盛ったポリパテを曲面に合わせてペーパーを掛けます。
su33_40

図面を見てキット形状に合う様ペンで切取る部分を書き込みます。
図面が正しいのであれば、このズベズタのキットは形状が微妙に違うようです。
su33_41

余分を切取ります。
su33_42

尾部の形状も大まかに形状を整えます。
su33_43
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0

MODELA

2008/06/15(日) 22:11:42

再度セットし直し今度は綺麗に出来上がりました。
早速、おゆまるで型取りテストしてみたら・・・反転してしまいました。
判子は字が反転すると思い予め裏返しに作ったのですが、
直接彫るわけではなくこれに何かしらを流し込んで判子にする場合には、
そのままで良かったって事が分かりました。
P1400556

それを踏まえて、再度彫り直し。
で、何とか完成しました。
これは、おゆまるで反転型を取りましたが、本番はシリコンを流します。
P1400557

オリジナルキットへの道記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Su-27/33_13

2008/06/15(日) 21:57:11

Su-27/33(星井美希カラー)

カナード
21・付属のカナードパーツではカナード取付け部が薄っぺらになってしまいます。
22・カナード部と本体を切離します。
su33_37

23・切離したパーツを本体に取付けてガイドに使います。
24・ポリパテを盛ります。
su33_38

尾部
25・切離した円形パーツとプラ板で大体の形を作ります。
26・パテを盛ります。
su33_39
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0

MODELA

2008/06/15(日) 00:57:04

MDX15買っちゃいました。
念願の3D PLOTTERです。
P1400550

いつもよりブログのUPが遅くなってしまったのは、こいつのせいです。
部屋のスペースを確保する事から始まり、セッティングに後片付けでクタクタです。
早速、何か試しにデータを削ろうと思いLightWaveでモデリング。
出来たデータをMODERAに送信!・・・しかし、動きません。
なぜ???と四苦八苦して設定を見直したり、再起動したりと格闘する事5時間。

原因はCOMポートでした。
家のDELL君には買った当初COMポートが装備されていませんでした。
そこで、ボードを増設してCOMポートがめでたく装備されました。
でも、そのCOMポートは今後の事をちょっと考え1個ではなく2個増設!
はい、落ちが見えましたね。
設定したCOMポートに刺さってませんでした。
繋ぎなおしたら、素直に動きました。

で、何を出力したかと言うと、書類に必要な社印を削ってました。
これが無いとお金になる見積もり書と請求書が出来ないですからね。
しかし、荒削りの後にどんな風に削れているのか確認しようと本体から外したのがいけなかったようです。
再セットの際にワークプレートがずれてしまい、仕上が別の所を削ってます。
P1400555

まあ、最初から上手く行くとは思ってませんでしたが、
再セットするまでは綺麗に出来ていたのでヒューマンエラーは痛いですね。
オリジナルキットへの道記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Su-27/33_12

2008/06/14(土) 11:59:39

Su-27/33(星井美希カラー)

キャノピー
17・IRの仕上とキャノピー枠のモールドを入れます。
18・キャノピーを取った所、綺麗にIRだけ残せたのでこのまま使う事にします。
su33_34

おゆまるで型取りした物にパテを詰めてヒートプレス用の原型を作ります。
気泡が残っているので表面処理が必要です。
su33_33

尾部の処理を考えます。
19・図面と見比べて分かったのは、少しくらいいじった所でどうにもならないという現実でした。
20・で、綺麗さっぱり切り取ります。
su33_35

機首パーツを使用してのキャノピーの作業は終わっているので、
胴体を張り合わせます。
su33_36
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Su-27/33_11

2008/06/08(日) 23:37:27

Su-27/33(星井美希カラー)

主脚扉
あれから又少し修正しました。
修正した部分に主脚扉のモールドを彫り直します。
su33_29

IRのパーツを作ろうとキャノピーをキットに乗せたところ、
キャノピーとキットの隙間が大きく、このままヒートプレス用の原型にしても取り付けに苦労しそうなのでここで修正します。
su33_30

塗装について暫く書いてませんでしたが、ここで新兵器投入です。
「Craft ROBO」を買いました。
要はカッティングマシーンです。
☆は塗装で表現しようと思っていましたが、あの量を切出すのは気が遠くなるので何とかしなければと思ってました。
早速、セッティングして試してみます。
su33_31

一番小さな星が、切れているには切れてますが、マスクとして貼るには粘着力が心配です。
それに、場所によっては潰れているところもあったりと凄い状態です。
切り込む深さの設定を説明書の通りにしたら、大きな星も完全に切り抜いてしまってるところもあります。
これは、☆のサイズ修正と深さ設定を色々試す必要がありますね。
su33_32
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Su-27/33_10

2008/06/07(土) 21:51:11

Su-27/33(星井美希カラー)

主脚収納庫
300番程度で荒削りして型出しをします。
もう一度ポリパテを必要な部分に盛り600番で面を慣らしながら型を整えます。
su33_25

キャノピー
キャノピー前方にはIR(赤▼)がありますが、Su33では右にオフセットされています。
パーツから余分な部分を削り落としてプラ板とプラ棒でパーツを作るつもりでした。
しかし、キャノピーパーツを見て、その分厚さと表面の粗さが気になります。
su33_26

磨いてどうにかなるかと思って磨き始めましたが、
キットに合わせて仮組みしてみると、キャノピー後部のプラパーツと完全に合いません。(赤▼)
su33_27

諦めてヒートプレスの原型でもしようと思います。
su33_28


現在関わっているお仕事の関係で、教育用玩具の製作のお仕事を請けることになりました。
それ自体はとても嬉しい事なので喜んでいます。
しかし、美希カラー機の制作が思うように進まないのと、
完成品ギャラリーが増えないのが悩みの種になって来ました。
美希機は仕事を呼ぶキャラなのでしょうか・・・それとも・・・。
仕事を呼ぶキャラと思えば幸せなのでそういうことにしましょう。
何事もプラス思考でね。
Su-27/33記事全文トラックバック数:-コメント数:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.