FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中
随時更新中

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A119 A118  
C-2A VAW120 TC-156 RCAF  
 
¥6050 ¥3300  
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050

その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

Me262_20 mistel

2007/12/31(月) 16:53:23

Me262 mistel

ドリー→子機→母機それぞれを繋ぐ支柱パーツを整形します。
薄いパーツなので折らないように気をつけます。
me262_96

塗装してドリーと子機に取付けます。
取り付けは144にした図面をノギスで測り、マスキングテープでアタリを着けて位置を出します。
me262_97

機首の支柱を瞬着で仮止めして翼の位置を合わせます。
位置が決まったら瞬着を追加で流してしっかりと固定します。
me262_98

母機はエンジンの位置が子機と同じ位置になるように固定します。
固定が完了したら、尾翼同士を結合しているパーツを取付けます。
me262_99

はい、完成です。
me262_100

複葉機を作った経験が無いので本当にそうなのかは分かりませんが、
二機を連結させている時は「複葉機みたいだな~」と感じました。
とにもかくにも無事完成してすっきりした気持ちで年をこせます。
来年の一発目は何にしようかと楽しい悩み事を考えながら、掃除をする事にしましょう。

誤字脱字愚痴の多いFOXONEのブログにお付き合い頂きありがとうございました。
特に面白いネタも書けませんが来年もこんな感じで模型を作り続けて行こうと思います。

では、皆様良いお年をお過ごし下さい。
スポンサーサイト
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_19 mistel

2007/12/30(日) 22:32:33

Me262 mistel

・デカール
作り始めから少しずつ作っていたデカールの版下を整理してプリントアウトします。
母機と子機で重複する物があるので作業は少し楽できます。
me262_89

早速母機のデカール貼り作業をします。
貼付け後はクリアーで保護します。
me262_90

子機も同じ様に貼りクリアーで保護します。

me262_91


『Me262_19 mistel』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_18 mistel

2007/12/29(土) 23:19:14

Me262 mistel

サフを吹くと気泡を発見する事が出来ます。
見付けた気泡は穴を広げてポリパテや瞬着等で処理します。
me262_84

全ての気泡が処理出来たらもう一度サフを吹いてチェックをします。
この段階でまた気泡が見つかったら同じ処理を繰り返します。
me262_85

塗装
子機は無塗装状態のシルバーで再現する予定なので下地に光沢のブラックを吹きます。
me262_86

シルバーはC8の普通のシルバーを使用しました。
表面処理が上手くいったので綺麗に吹けています。
me262_87

その、綺麗に吹けた塗装の上に繋目のパテ処理を塗装で再現します。
失敗すると怖いので、アクリルのサンドイエローを使いました。
me262_88

昨日の仕事納めも無事終わり、本日から休みとなりました。
いつもは何機作ったかなんて考えませんでしたが、今年はちょっと振り返って見ようと思いました。
Me262A-1a ×3
LCAC ×2
F-22A ×1
EF-2000 ×6
A-10 ×7
A-7 ×2
F4-U1 ×7
Ⅲ突G4 ×1
X35 ×2
Mig21 ×2
スピットファイア ×2
ハリケーン ×1
P40 ×1
合計37個を完成させる事が出来ました。
月で割ると3個程度なので、多いのか少ないのかよく分かりません。


『Me262_18 mistel』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_17 mistel

2007/12/24(月) 20:18:42

Me262 mistel

子機の複製が取れました。
サフを吹いて見ないと分かりませんが、綺麗に抜けて表面上は気泡が見えません。
me262_79

翼とエンジンポッドも複製完了です。
翼は薄く突起部が複雑なパーツなので気泡が何箇所か気泡が残ってしまいました。
とりあえず埋めれば済むのでそのまま使います。
me262_80

吸気口/排気口はリューターの3mmツールで穴を開けました。
深さは大体5mmです。
この方が最初から穴が空いているよりも綺麗に整形できます。
ただ、3mmのガイドになるアタリは彫っておいても良かったと思いました。
me262_81


『Me262_17 mistel』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_16 mistel

2007/12/23(日) 22:07:45

Me262 mistel

完成したドリー本体と車輪の接続には、強度をプラスするために真鍮線を入れます。
me262_72

本体の組立完了です。
me262_73

さて、塗装ですがカラーの資料がありませんがとりあえずグレーだと言うことは分かっています。
ドイツ系のグレーだと、ジャーマングレーとかブラックグレーとかあたりでしょうか。
ジャーマングレーだと陸軍っぽいので、まブラックグレーかなと言う事でC116のブラックグレーを塗りました。
me262_74

その他の部分は資料を見てそれらしく塗ればドリーの完成となります。
Ri202ロケットブースターがシルバーで塗分けが必要なのを忘れて先に固定してしまい中を塗るのに苦労しました。
me262_75


『Me262_16 mistel』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_15 mistel

2007/12/22(土) 23:09:16

Me262 mistel

先週一週間をかけてドリー関係のパーツを型取りしました。
出来たパーツがこちらで、細かいパーツも綺麗に抜け今までの中でも1番かも。
me262_65

バリや湯口の後を綺麗に処理しサフ吹きします。
気泡があるところは、ピンバイスやデザインナイフの先端で穴を広げポリパテを詰めて整形します。
小さい場合は黒瞬着で十分です。
me262_66

脚部パーツも同じ様に綺麗に抜けました。
me262_67

ドリー本体と同じ様に処理しサフ吹きをして下準備をします。
前輪の受けパーツが複雑な形状でしたのでちゃんと抜けるか心配でしたが、こちらも綺麗に抜けました。
me262_68



『Me262_15 mistel』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_14 mistel

2007/12/16(日) 22:46:37

Me262mistel

Ri202ロケットブースターを作ります。
プラ板で型を作りポリパテを盛って整形します。
左右対称のパーツは大変なので、片側を作ってからおゆまるコピーします。
もう片方を貼り合せてもう一度整形します。
パラシュートパーツは他キットより流用します。
me262_59

1mm真鍮線を曲げフレームを作ります。
ドリー本体のパラシュートはプラ板の積層と0.3mm真鍮線です。
本体にフレーム取付け部を1mmプラ板で作ります。
me262_60

ドリー→子機→母機を繋ぐアームを0.5mmプラ板で作ります。
折り曲げ角はCGにプリントアウトした物に合わせます。
me262_61


『Me262_14 mistel』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_13 mistel

2007/12/15(土) 22:20:27

Me262

子機の胴体を作ります。
基本的にはポリパテでコックピットを埋めてモールドを入れなおすだけです。
作例や資料にはパネルラインの解釈に複数あります。
爆弾に使用する物なので、単純な縦ラインの輪切りが妥当だと考えました。
横のラインやモールドは削るなり瞬着で埋めます。
me262_56

母機は前脚扉をポリパテで埋めてモールドを彫ります。
その他基本的な工作は、段差を綺麗にしモールドを彫り直します。
me262_57

母機と子機の大体の処理が終わったので載せて見ます。
なんか良い感じになってきました。
me262_58


貴重なジェット戦力を爆弾に転用しようとする考え自体妥当も何もあったもんじゃないですが、
こういった超兵器物は好きです。
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_13 mistel

2007/12/09(日) 22:21:24

Me262

タイヤ制作
ジャンクパーツで径の合う物を見付けましたが厚味が違うので調整します。
片面をおゆまるで型取りし、ポリパテで複製します。
前輪用は薄く、後輪用は厚くなるようにパーツを削ります。
さらにそれを型取りし、複製したパーツを貼り合せて整形します。
me262_52

前輪1個、後輪4個のパーツをそろえます。
me262_53

先に出来たパーツと合せてサスパーツ以外の車輪部分が出来ました。
me262_54

ドリー本体と合せて見ます。
中々良い感じになってきました。
me262_55
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_12 mistel

2007/12/08(土) 23:59:22

Me262

両サイドにある車輪を制作します。
厚さ1mmのプラ板に貼ったパーツを切出します。
同じパーツが4個必要ですが、1個切出して思いの他疲れたのでおゆまるで複製する事にします。
me262_46

複製パーツと元のパーツを使って左右のパーツを作ります。
0.3mmプラ板で切出した部品を貼り軸受け部分に0.5mm丸棒のスライスを貼ります。
出来た左右のパーツを更に複製します。
me262_47

複製したパーツで内側に来るパーツを作ります。
パーツの一部を削り0.3mmプラ板で軸の取り付け部を作ります。
me262_48


『Me262_12 mistel』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_11 mistel

2007/12/07(金) 23:46:41

Me262

CGを分割し実際に切出す用のパーツに分解します。
使用するプラ板の厚さ毎に分解したパーツを振り分けます。
144の出力スケールでCGを制作しているので、どのパーツに何mmのプラ板が必要かはPC上で分かります。
今回は1mm、0.5mm、0.3mmの3種類に振り分けました。
出力しプラ板に両面テープで貼ります。
切出した後に分からなくならないように、自分で分かる数字を振っておきます。
me262_39

ドリー本体のパーツを切出します。
me262_40

CGのレイアウトと見比べながら組立てます。
組立てやすいように、中に一段作り両サイドのプラ板を固定し易いようにしました。
蓋を閉じるように接着すれば本体が完成します。
me262_41


『Me262_11 mistel』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_10 mistel

2007/12/06(木) 23:37:09

Me262

次もMe262です。
でも、ミステルでいきます。
実機が無く資料も少ないので分からない部分もあります。
そこは、雰囲気と言う事でね。
me262_34

滑走用ドリーはフルスクラッチ、母機と子機に今回はウイングクラブを使用し改造します。
まずは、モデリングでパーツのサイズを出します。
図面が無いので色々有る画像から情報を拾いつつ形にします。
サイズを割り出すために子機もモデリングします。
拡縮をして資料と同じバランスになるように修正します。
母機と子機を繋ぐパーツもあるので子機をコピーし配置します。
各ユニットを繋ぐパーツを作れば必要なパーツの割り出し作業は終了です。
me262_35


『Me262_10 mistel』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_9

2007/12/05(水) 23:08:13

Me262

仕上げです。
アンテナ関係を追加します。

空中アンテナ線をキャノピーのマスクを外す前に取り付けます。
手順は↓
1・垂直尾翼に0.2mmの穴空け。
2・空中アンテナ線となる極細線を瞬着で固定。
3・張った状態のままキャノピーにゼリー状瞬着で固定。
4・食み出て硬化した瞬着をデザインナイフで切離し、マスクと一緒に除去。

ループ・アンテナ
0.2mmステンレス線を専用の工具で丸めてゼリー状瞬着で固定し塗装します。
me262_31

モラーヌ・アンテナ
プラ板の基部にし、先端に極細線を瞬着で固定します。

ロッドアンテナ
0.2mmステンレス線を同径穴を空け差込瞬着固定します。

ピトー管
0.5mmの真鍮線を同径穴を空け差込瞬着固定。
me262_32

で、同様の作業を2機分行い無事完成となりました。
me262_33

今週は、今まで忙しかった分の有給を頂きました。
制作していた映像作品も無事間に合い安心して有給を楽しめます。
しかし、今まで忙しくてほったらかしにしていた事が多く午前中から駈けずり回っていました。
明日は明日で、今日出来なかった案件を片付けなければならないので中々ゆっくりとは行かないものです。
でも、有給バンザイ!
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_8

2007/12/02(日) 23:26:38

Me262

自作した迷彩デカールを本体に貼ります。
最初は両方共に縁がぼやけたタイプを使用しようと思いました。
が、水に浸している最中にグリーンの迷彩デカールからインクが流れて汚くなってしまったので、もう一方の縁がハッキリしたタイプの物を使用しました。
今まで貼付け後、綿棒で馴染ませる時に多少の色落ちはありましたが、インクが溶け出すというのは初めての状況です。
浸す間に別の事をしていたので、長時間水に浸かった状態だったという事が原因として考えられます。
グレーの方はその点を気を付けて作業し無事貼る事が出来ました。
me262_26

組み込むと中が殆ど見えないと思いますが、シートベルトを追加しました。
me262_27


『Me262_8』の続きを読む…
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_7

2007/12/01(土) 23:39:36

Me262

・デカール
迷彩デカールに使用するカラーを実際にプリントアウトして塗装と照らし合わせます。
グリーン系は前回制作のカラーも有りすんなりと決まりましたが、
グレー系は色味が難しく近い色を出すのに苦労してしまいました。
me262_23

図柄を参考に版下を作りプリントアウトして色味を再度確認します。
今回は縁をぼかした物とハッキリした物の2種類を作りました。
me262_24

迷彩デカールの版下が出来たら、本体の塗分けを進めます。
me262_25
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.