FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中のため
リンクが外れています

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A118    
TC-156 RCAF    
   
¥3300    
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050
     
A114 A113 A112
1/72
P-1哨戒機
3D printing
T-2E
HAF
RF-5A
HAF
3D printing
¥150000 ¥3300 ¥4000
 
A111 A110 A109
F-5A
HAF
3D printing
EP-3E
VQ-2
3D printing
Mirage III RD
3D printing
¥4000 ¥2800 ¥4000
 
A108 A107 A106
Mirage III R
3D printing
MD-21
3D printing
EP-3E
VQ-1
3D printing 
¥4000 ¥3500 ¥2800
 
A105 A104 A103
AH-1W
3D printing
TA-4F
VC-8
3D printing
 TA-4J
VF-126
3D printing
¥5500 ¥4500 ¥4500
 
A102 A101 A100
AV-8S
MATADOR
AJS-37
3D printing
AH-1Z
HMLAT-303
3D printing
¥3850 ¥6500 ¥5500
     
A099 A098 A097
OA4M
MAG-12
3D printing
F-16D
Barak
3D printing
F-16C
Barak
3D printing
¥4500 ¥5500 ¥5500
     
A096 A095 A094 
T-38A
Thunderbirds
3D printing
TA-4J
Bule Angels
3D printing
 TA-4J
IAF
3D printing
¥4000 ¥4500 ¥4500 
 
A093 A092 A091
Sea Harrier
FA.2
 A-7D
33TFS
3D printing
TA-4J
VT-7
3D printing
¥3850 ¥5500 ¥4500
 
A090 A089 A088
T-38A
N864NA
3D printing
T-38A
445th FLTS
3D printing
T-38A
1st RS
3D printing
¥4000 ¥4000 ¥4000
 
A087 A086 A085
F-16XL
NASA
3D printing
Mirage IIIC
3D printing
Mirage IIICJ
3D printing
¥5500 ¥4000 ¥4000
     
A084 A083 A082
HUNTER F58
3D printing
HUNTER F58
3D printing
HUNTER F6
3D printing
¥4500 ¥4500 ¥4000


その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

Me262_1

2007/10/28(日) 23:26:44

Me262

・エンジンポッド
エンジンポットを主翼に取り付けます。
主翼とポッドの隙間は黒瞬着で埋めた後にモールドを彫り直します。
パーツの整形で削り落としたエア・スクープをプラ板でモールドしなおします。
me262_03

塗装前の組立が完了した状態です。

me262_04



『Me262_1』の続きを読む…
スポンサーサイト
Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

Me262_0

2007/10/27(土) 23:24:49

Me262

Me262A-1a
メーカー:アカデミー
スケール:1/72
me262_00


・コックピット
パーツ数も多くしっかりした構成で、そのままでも特に問題ない出来です。
気にならないのでそのままの状態で組込む事にしました。
me262_01

胴体や主翼のパーツを組みます。
合いが良く、特に何のストレスも無く組み上がります。
機首にはオモリを入れる指示が有るのでオモリを入れます。
繋目の処理は黒瞬着です。
機首の機関銃カバーのパーツが別パーツです。
取付けの際に一部隙間が空くのでそこも黒瞬着で埋めてモールドを彫り直します。
me262_02

海物が無事終わり落着いたところで空物の制作に再び戻ろうと思います。
こちらもLCACに続き新製品物です。
空物もここの所現代物ばかり作ってました。
2次のドイツ機系を作りたいと思ってましたが、迷彩が大変なので正直ちょっと逃げてました。
でも、やっぱり作りたいので買っちゃいました。

Me262記事全文トラックバック数:-コメント数:0

LCAC_7

2007/10/21(日) 19:02:02

LCAC

塗装は光沢ブラックです。
この状態になればデカールの定着も楽になります。
LCAC26

デカールを貼り光沢クリアーコートしたエアクッションパーツを船底に取付けます。
固定は瞬着です。
LCAC27

先に完成している上物を乗せれば完成です。
が、パーツ全て乗せると所々微妙にきつかったりゆるかったりします。
取付けるパーツの内側を削って取付け位置を調整する必要が有ります。
それが済めば全て固定して完成となります。
LCAC28

海自のLCACも完成し90式を配置して楽しみます。
LCAC29

これを見て思うのが、戦車一両揚陸するってえらい大変な事なのだと実感しました。
周りのスペースがもったいないけど50tは伊達じゃないって事ですね。
こうやって同スケールを並べると色々と実感できます。
やっぱ144は良いスケールだ。

LCAC30

今回、時間が合ったので遊んで見ました。
LCAC記事全文トラックバック数:-コメント数:0

LCAC_6

2007/10/20(土) 23:31:09

LCAC

各パーツの組立と塗装が終了した物にクリアーコートします。
窪んだ部分に軽くスミ入れをして艶消しクリアーでコートします。
上物の組立前作業は一段落しました。
LCAC23

一段落した所で今回初回特典に付いて来た90式の封を開けてみました。
物はトランペッターの完成品で出ていたやつです。
各パーツのメリハリが甘いので出来は良く有りません。
塗装も何かやっつけ仕事的な感じがし、ウェザリングもシルバーを適当に擦り付けただけなのでとても汚いだけになってます。
完成したらコナミの90式を載せる事にします。
LCAC24

説明書では、ゴム系樹脂パーツにデカールの固着が難しいと書いてあります。
ならばと固着し易い様に塗装幕を作ってしまいます。
先に、株テロソンと言う会社から出ている「ミッチャクロン」にてゴム表面に下地を作ります。
これは、クリアーの合成樹脂の塗膜になります。
プラは溶かすので使えません。
ガレキを作る人はよく使うと聞きます。
その辺のホームセンター(大型)で手に入る何処にでも売ってる品です。
ミッチャクロンが乾いたら軽くサフを吹きます。
この作業は、吹き付ける塗料がブラックなので何処まで吹いたか分かる様にするためです。
LCAC25

後もう少しですが、ミッチャクロンの乾燥に丸一日掛かったのでここで終了。
LCAC記事全文トラックバック数:-コメント数:0

LCAC_5

2007/10/14(日) 23:33:09

LCAC

・組立の続き
推進ファンの各パーツが揃いました。
LCAC17

パーツ毎の塗装が面倒だったりしましたが、組立自体は大きな問題は有りません。
塗装前の下処理の時に気付かなかったバリが見つかる程度です。
LCAC18

・待機室(だったと思う)
LCAC19

こちらも出来たパーツを取付けます。
パーツは全て切離して塗装してから取付けるので、組合せが必要なマスト類は最初間違い正しい組合せを見付けるのに時間が掛かってしまいました。
LCAC20

・操縦室
LCAC21

エッチングパーツでワイパーが再現されています。
取付けたそのままだと窓から浮くので根元から曲げて窓に近づけました。
LCAC22

パーツの取付けが必要な上物はこれでやっと片付きました。
しかし、いつものようにタイムリミットで又来週の作業となります。
LCAC記事全文トラックバック数:-コメント数:0

LCAC_4

2007/10/13(土) 23:36:02

LCAC

塗装の終わったパーツを取付けます。
一度に全てのパーツを切り離すと訳が分からなくなるので少しずつやってます。
LCAC14

艇首と艇尾のパーツも取付けます。
説明書の指示で取付け角度が分からないパーツは後回しにしてます。
LCAC15

まずは推進ファンへと繋がる構造物が出来ました。
LCAC16

海物は経験が無いので、どのパーツをどのタイミングで組立たら良いのか分からずかなり手こずってます。
LCAC記事全文トラックバック数:-コメント数:0

LCAC_3

2007/10/07(日) 23:50:09

LCAC

塗分けが必要なパーツに塗装をします。
一度に色を付けようとするとムラが出やすいので、薄めに溶いたカラーを数回に分けて塗ります。
筆も最近ウィンザー&ニュートンを購入しました。
筆塗りが楽しくなるくらい、とても使い易く良い品です。
LCAC11

艦橋も塗り分けます。
窓枠から上が筆塗りです。
LCAC12

更に、他のパーツの準備をします。
主に推進ファンがメインの作業になりました。
LCAC13

LCAC記事全文トラックバック数:0コメント数:0

LCAC_2

2007/10/06(土) 23:12:05

LCAC

・下地
以前書きましたが、アルクラット2を使う場合はプラが溶けないように下地を作る必要があります。
先週サフまで吹きましたのでブラックを吹きます。
LCAC08


下地が乾燥したら、アルクラット2のダークアルミを吹きます。
一度に吹くと下地が溶けるので何回かに分けて吹きます。
上段の物が1回目、下段が2回目の物です。
LCAC09

次は上物に取付けるパーツの処理をします。
その中でもパーツを組立てる必要のあるものは繋目の処理が必要です。
接着剤を食み出させ外側のパテ盛り作業を省略しましたが、内側は段差やプッシュピン跡が目立つので黒瞬着で何とかします。
内側の処理のついでにエッジを薄くする処理もしました。
このパーツが2隻分で8個なので結構時間を食いました。
LCAC10

LCAC記事全文トラックバック数:0コメント数:0

ついにラック購入した

2007/10/06(土) 19:54:02

先週の土曜に頼んでいたフリーラックが今日届きました。
ガラス扉付のラックをずっと探していました。
結構高目の店やらホームセンター系、そしてHPを2ヶ月くらい巡りましたがサイズと値段の釣り合うと思えるのが見つかりませんでした。
ですが絶対に置いてないだろうと一度も見に行かなかったニトリで見付けました。
元暗し状態を反省。

180×80×40の6段で3万というお値段、私的には今まで見てきた中でサイズと値段のバランスが良かったので即買い決定です。
配送可能日が頼んだ1週間後との事なので、それまでに部屋を片付けるべく帰宅後は夜な夜な部屋の模様替えと掃除の日々を送りました。

そして、今日朝一に無事設置と相成りました。
これまで1/72は、大型のケースが無くそのまま飾ってはホコリが付くので、完成後はキットの箱に即仕舞いしてました。
その、完成品も飾れます。

設置後早速箱から出して棚に並べます。
自分では気付いてませんでしたが、側で見ていた彼女によるとかなりニヤケテいたそうです。
tana0.jpg

飾り終わって既に70%が埋まってしまい棚が足りないという事に気付きました。
一段毎に高さが有るので間にもう一段入れたいところです。
何か方法を考える事にしましょう。

それにしても、飾ると気持ちが良いです。
棚の前に来ては扉を開けるのを何度も繰り返してしまいます。
空系1/144記事全文トラックバック数:0コメント数:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。