FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中
随時更新中

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A119 A118  
C-2A VAW120 TC-156 RCAF  
 
¥6050 ¥3300  
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050

その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

kfz70(1/48)1

2006/08/30(水) 23:00:59

kfz70(1/48)
基本塗装が終了しました。
特に迷彩と言う訳ではないので手間は掛かりませんでした。
ジャーマングレーをエアブラシで吹き、その他は筆で塗分けます。
多少のウェザリングを施そうと思いますが、どのへんまでやったら良いか悩むところです。
P1320393

ちなみに、運転席の内側側面に押しピンの跡があるのでそこは処理しています。
スポンサーサイト
kfz70記事全文トラックバック数:-コメント数:0

kfz70(1/48)0

2006/08/29(火) 22:39:48

今回制作するのは、久々の陸物48「クルッププロッツェ6輪軽トラック」です。
主役の戦車ばかりじゃ実際の戦闘は出来ないので、こういった周りを固めるアイテムは私としては大歓迎です。
P1320390

kfz70
早速制作します。
流石と言うべきは組み立て易さです。
上物はサクサクと組み上がり1時間もしないで塗装前段階に到達しました。
押出しピンも組み上がると隠れる位置に設定してあったり、ゲートの位置も処理がし易く組立て後には下部に来るようになっていて作る側の事を考えてると関心します。
P1320388

kfz70記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼24-5(VF-0D)完成

2006/08/27(日) 17:11:32

制作依頼24
平日は一日に1時間程しか作業時間が取れないので、デカール貼りに4日も掛かってしまいました。
全部のデカールを貼り終えたら光沢のクリアーでもう一度コートします。
P1320299


『制作依頼24-5(VF-0D)完成』の続きを読む…
VF-0D記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼24-4(VF-0D)

2006/08/22(火) 23:56:15

制作依頼24
スミ入れの終わったパーツに光沢クリアーを吹いてデカールが馴染み易いようにします。

まず胴体のパーツにデカールを貼り終えました。
前脚のパーツもこの時に取り付けます。
P1320202

VF-0D記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼24-3(VF-0D)

2006/08/20(日) 23:01:31

制作依頼24(VF-0D)
上面の塗分け部分をマスクします。
塗装図の指示にあるC80(コバルトブルー60%)+C74(エアスペリオリティーブルー40%)の調色をします。
機体が大きいのでMrカラー1本分が必要になりますので、慎重に調色します。
調色が終わったらエアブラシにて塗装します。
マスクを剥して仮組みして見ます。
何箇所かの繋ぎ目で色が吹けてない部分が有るので筆でリタッチします。
P1320199


『制作依頼24-3(VF-0D)』の続きを読む…
VF-0D記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼24-2(VF-0D)

2006/08/19(土) 22:06:01

制作依頼24(VF-0D)
継目に盛ったパテの処理をします。
ペーパー掛けの後はサフを吹いて傷のチェックをします。
傷の見つかった所はもう一度ペーパー掛けして綺麗にします。
VF-0Dの塗装は下面が白系なので、このままだと吹いても透けてしまいます。
そこで、ガイアのEx-01(ホワイト)を下地に吹きます。
Ex-01はとても隠蔽力があるので透け易い色を吹くときには重宝します。
P1320195

ホワイトが乾いたらMrカラーのC311(グレーFS34422)を吹きます。
VF-0D記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼24-1(VF-0D)

2006/08/18(金) 22:27:14

制作依頼24(VF-0D)
コックピットとフィギュアの塗装が終わりました。
内部も塗装して組込みます。
P1320191

合せ目消しの作業が必要なパーツと、ヒケが有るパーツにパテを盛ります。
P1320192

VF-0D記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼24-0(VF-0D)

2006/08/17(木) 22:16:11

制作依頼24
今回受付した制作依頼の最後は、マクロスゼロのVF-0Dになります。
ハセガワのマクロスシリーズは、作りたいと思っていたので依頼を頂いて「やった」と嬉しくなりました。
他にもキットは買ったけど作ってないのがあるので制作が落着いたら個人的に作りたいですね。
P1320008


『制作依頼24-0(VF-0D)』の続きを読む…
VF-0D記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼23-7(F-14/シーハリアー)

2006/08/16(水) 23:31:48

制作依頼23
シーハリアー
デカールを貼る作業をしていたら、付属デカールが大き過ぎてサイズが合わない事が判明しました。
先に分かっていれば追加のデカールを作る時に一緒に作っていたのですが…キット付属と言うことで油断してました。
こちらも作り直します。
P1320022

キット付属デカールも作り直しデカールを貼り終えた所です。
やはりコーションマークが有ると機体が絞まります。
画像だと一箇所ずれてますが、完成品はちゃんと修正してますのでご安心下さい。
P1320030

デカールの保護にクリアーを吹いたら仕上げをします。
先に脚部パーツ、兵装等キットのパーツを付けます。
最後にピトー管等の細かいパーツを取付け塗装したら作業は終了です。
P1320034

フィニッシュは半光沢クリアーでコートします。

『制作依頼23-7(F-14/シーハリアー)』の続きを読む…
F-14/シーハリアー記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼23-6(F-14/シーハリアー)

2006/08/14(月) 22:35:52

制作依頼23
シーハリアー
サフを吹いた後に筋彫り等を彫り直したり追加し、塗装作業まで辿り着きました。
塗装は、下面の白を先に吹きマスクをします。
上面はハセガワの塗装図を参考にエクストラダークシーグレー(C333)を吹きました。
P1320014


『制作依頼23-6(F-14/シーハリアー)』の続きを読む…
F-14/シーハリアー記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼23-5(F-14/シーハリアー)

2006/08/13(日) 23:58:32

制作依頼23
シーハリアー
キャノピー後部の切かきが一体で成型されているのでエッチングソーで切かきます。
ノズルのフィンエッジも厚いので削って薄くします。
P1320002

加工したパーツを取り付けます。
キャノピーはマスクをし風防ワイパーのカバーをプラ板にて追加します。
インテイク横には補助空気取入口ドアを彫り込みます。
機体上面のディテールアップとして、空調システム用空気取り入れ口とUHF帰投アンテナを追加しました。
P1320011


『制作依頼23-5(F-14/シーハリアー)』の続きを読む…
F-14/シーハリアー記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼23-4(F-14/シーハリアー)

2006/08/13(日) 00:16:17

制作依頼23
シーハリアー
繋ぎ目に盛ったパテをペーパー等で綺麗にしサフを吹きます。
下面はストレーキの追加となりました。
エアブレーキのパーツが歪んでいたのでパテを盛って修正し両サイドにプラ版にてディテールを追加です。
P1310889

塗装後のデカールについてですが、ご依頼だとキット付属デカールを使用する事になってます。
が、下画像のような状態ですが本当にこれだけで宜しいでしょうか。
その昔、作り掛けで放置してあったシーハリアーのデカールがあり、これを参考にしてコーションマーク等を作る事が出来ます。
ご相談のメールを送らせて頂きますのでご返答宜しくお願いします。
P1310890


『制作依頼23-4(F-14/シーハリアー)』の続きを読む…
F-14/シーハリアー記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼23-3(F-14/シーハリアー)

2006/08/11(金) 21:33:11

制作依頼23
F-14
機首と胴体を組み立てます。
可変翼は塗装後の後ハメが出来るようにスリットを入れます。
繋ぎ目にはパテを盛ります。
P1310885


シーハリアー
インテイクの処理が終わったのでフィンをシルバーで塗装しマスクをしました。
本体に修正したインテイクを取り付けます。
段差と隙間が大きいのでパテを盛ります。
主翼と胴体の繋ぎ目が気なったのでここにもパテを盛りました。
P1310888

F-14/シーハリアー記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼23-2(F-14/シーハリアー)

2006/08/09(水) 22:08:28

制作依頼23-3(F-14/シーハリアー)
F-14
コックピットのパーツを作りました。
何の改造もしないここまで出来上がるのはとても楽でいいですね。
ディテールアップしようと思えばきりがありませんがこれでも問題は無いと思います。
P1310860


『制作依頼23-2(F-14/シーハリアー)』の続きを読む…
F-14/シーハリアー記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼23-1(F-14/シーハリアー)

2006/08/06(日) 19:47:36

制作依頼23(シーハリアー)
ミニクラフトのシーハリアーで一番気になる部分はインテイク部です。
内部にファンブレードのパーツはあるのにフィン直前の形状が違うので組み込むと中がまったく見えません。
それに、インテイクのパーツを付けると下の画像(右)のような状態になるので更に悪くなります。
P1310847


『制作依頼23-1(F-14/シーハリアー)』の続きを読む…
F-14/シーハリアー記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼23(F-14/シーハリアー)

2006/08/05(土) 20:15:07

PCの必要な機材のセットアップもほぼ終わった感じです。
とりあえずの作業は出来そうなので、次の制作依頼の準備をしたいと思います。

制作依頼23
今回の制作はドイツレベルのF-14とミニクラフト(クラウン)のシーハリアーになります。
ドイツレベルのF-14は新金型の方なのでモールドも良く特に問題なく作れそうです。
P1310842

苦労しそうなのがミニクラフトのシーハリアーです。
記憶しているところだと、旧クラウンの金型を使ったOEM製品だったと思います。
仮組みしたところ古いキットの割にはモールドも多めで、全体的には悪くないキットです。
ただ、多少修正しなければいけないかなって思うところがあるので、その辺でどのくらいの時間が必要になるのかはやってみないと分からない部分です。
P1310844

F-14/シーハリアー記事全文トラックバック数:-コメント数:0

PC一部復旧

2006/08/04(金) 23:49:36

玄関を開けたら新しいPCが「で~ん」と鎮座してました。
ちなみにDELLです。
以前からキャンペーンのお知らせが来る度にチェックしてましたが、この辺が買い時と思い注文しました。
とりあえずは壊れて使用不能になってしまったPCと使えるけど使わなくなった21inのモニターをどかして設置。
背面のポート類をチェックしていて唖然、プリンターポートが無い!。
普通の人?なら困らないけどアルプスのMDをプリンターポートで使用していた私にとっては大事件です。
この辺のモデラー特有?の悩みはあれどセットアップを進めて現在ネットに接続しこうしてブログを更新している次第です。
ソフト等の必要なアプリケーションの準備に明日一日は掛かりそうです。
未分類記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼21飛燕-2

2006/08/02(水) 23:02:54

制作依頼21飛燕
塗装を終えてウォシイングをし、デカールを貼ります。
基本的なディテールアップは前回制作の飛燕と同じなので省略します。
ただ、迷彩機の方は頂いた参考の画像から、翼内の機銃がMG151/20と判断し0.5mmの真鍮線でバレルを追加しました。
仕上げのクリアーは緑が艶消しで迷彩が半光沢です。
P1310737

以上で完成となります。

画像は、明日の23時くらいまでにはアップしたいと思います。
何せノートPCが1時間程しか持たないもので思うようにファイルの処理が出来ません。
新しいPCを発注しましたが、おそらく来週あたりの到着じゃないかと思います。
依頼者様には色々とご迷惑をお掛けし申し訳ありません。
五式戦/飛燕記事全文トラックバック数:-コメント数:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.