FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中
随時更新中

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A119 A118  
C-2A VAW120 TC-156 RCAF  
 
¥6050 ¥3300  
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050

その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

制作依頼22-0(RF-4E)

2006/06/29(木) 23:41:16

五式戦の良い資料がまだ見当たらないので、他の依頼を進めたいと思います。

制作依頼22(RF-4E)
F-toysから発売されていた日本の翼コレクションのシークレットRF-4EJをRF-4Eへ改造します。
P1300718



『制作依頼22-0(RF-4E)』の続きを読む…
スポンサーサイト
RF-4E記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼21五式戦-3

2006/06/28(水) 06:13:55

制作依頼21五式戦
フィレット部分の作業です。
最初パテだけで形を作ろうかと思いましたが、胴体側に図面から切出したプラ板をガイドに貼る事にしました。
それを基準にポリパテを盛っていきます。
機体下面はどのくらい盛ったら足りるのか分からなかったので山盛りです。
P1300702


『制作依頼21五式戦-3』の続きを読む…
五式戦/飛燕記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼21五式戦-2

2006/06/25(日) 17:34:09

制作依頼21五式戦
合成した画像を元にパーツの不要部分を削ります。
以前、飛燕としてディテールアップを行った際にも触れましたが、成形が普通のプラとは違うのでかなり削り辛いですね。
エンジン回りのモールドが彫り込めるか今から心配です。
形状の把握には迷彩が邪魔になるのでペーパー掛けをします。
P1300292


『制作依頼21五式戦-2』の続きを読む…
五式戦/飛燕記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼21五式戦-1

2006/06/24(土) 02:21:05

制作依頼21五式戦
144サイズに合わせた図面とキットを見比べながら何か良い方法は無いかと考えました。
図面のエンジンカウルを測ると直径約9mmでした。
もしかしたらと思い、今まで発売された144完成品のカウルのサイズを測りました。
そうしたらウイングクラブの疾風のカウルが丁度よいサイズです。
前後に長いので、後半2mmを詰める事になります。
P1300282


『制作依頼21五式戦-1』の続きを読む…
五式戦/飛燕記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼21五式戦-0

2006/06/23(金) 17:27:49

中途キットの制作をしていましたが、次の依頼に関しても作業を進めています。

制作依頼21五式戦
ウイングクラブ飛燕改造の五式戦(Ki-100Ⅰ甲)です。
キットの制作と違い改造となるとそれなりの資料がいるものです。
「ここの繋がりどうなってるんだろ」的な改造用資料を探すのも制作の内になります。
P1300281

資料が大体揃ったら後はどこをどう改造したら綺麗に作れるかを考えます。
今回のお題もかなり悩みます。

さてさて、どうなる事でしょう。
五式戦/飛燕記事全文トラックバック数:-コメント数:0

未完成品を完成品にする

2006/06/22(木) 22:15:08

ブログに載せている物意外にも「完成まであとちょっとなんだけどな」的なキットを完成させたいと思います。
19日に完成したSU-122もなんだかんだと1ヶ月も掛けてしまいました。
集中してやればそこまで掛からないのですが、「間を見て作ろう」と思ったのが間違いだったんですね~。
毎日眺めては「これ、完成しないかも」と不安でしたがなんとか完成出来てよかった。
で、まだ他にもあります。
その一つが、つい最近発売されたパンツァーコープ第9弾。
P1300174

144なので、これこそ「間を見て」作れると思ってました。
最初にNo29を作ってる時はスムーズに作れたのですが、このNo30になってから何故か進まず・・・。
そんな訳でちょっとだけ集中して完成させようと思います。
空系1/144記事全文トラックバック数:-コメント数:0

B2-2

2006/06/20(火) 23:06:22

依頼品も無事完成したので、勢いで作り始めたB-2を勢いで完成させます。
・・・ここで止まると完成が先延ばしになりそうなのでね。
B-2
盛り付けたパテを削ります。(この作業自体は2日前に済んでます)
面積が広いので結構大変な作業でした。
薄くなったモールドも彫り直します。
P1290063



『B2-2』の続きを読む…
B-2記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-10(Mig29)

2006/06/18(日) 18:46:15

制作依頼20(Mig29)
残りの同士達も完成しました。
上段右・JG73特別塗装。
上段左・JG73通常塗装+増槽(スクラッチ)
下段右・リペツク兵器訓練学校仕様。
下段左・シャークマウス(ロシア語読めないので解読不能)
P1290822



『制作依頼20-10(Mig29)』の続きを読む…
Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-9(Mig29)

2006/06/17(土) 22:04:29

制作依頼20(Mig29)
各センサー/アンテナ類の追加です。
a・ピトー管(0.3mm真鍮線)と渦流発生機首ストレーキ(0.1mm塩ビ板)
b・IFFアンテナ(0.2mmステンレス線)、迎角計(0.1mm塩ビ板)
c・動圧プローブ(0.3mm真鍮線、0.2mmプラ板)、迎角計(0.1mm塩ビ板)
d・HFアンテナ(0.2mmプラ板)
e、g、h・静電放電針(0.2mmステンレス線)
f・動圧感知システム(0.1mm塩ビ板)
P1290742



『制作依頼20-9(Mig29)』の続きを読む…
Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-8(Mig29)

2006/06/16(金) 19:45:25

制作依頼20(Mig29)
脚部関係のパーツを塗装し取り付けます。
取り付けてみて色々と思うところはあります。
その辺いじり始めるとディテールアップでは無く、改造になってしまうので目を瞑ります。
ディテールアップとして脚扉に開閉用のシリンダーとライトを追加します。
P1290723

ドイツの特別塗装もデカールを貼り、塗装した脚を付けます。
本体自体の作業が終わったので、これで細部のアンテナ/センサー類の追加に入れます。
P1290725

Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-7(Mig29)

2006/06/15(木) 19:59:09

制作依頼20(Mig29)
迷彩以外の細かな塗り分けも済んだのでスミ入れとウォシングをします。
垂直尾翼はこの作業が終わったら接着します。
P1290479

デカールを貼ります。
デカールはキット付属の物です。
貼り終ったら塗装とデカールの保護、それとデカールと塗装の光沢を合わせる為に光沢クリアーで一旦コートします。
P1290480

Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-6(Mig29)

2006/06/14(水) 20:31:54

制作依頼20(Mig29)
もう一機作ってる方は普通の塗装ではつまらないので、特別塗装機を選択しました。
デカールはこんな感じです。
サイズが小さいと失敗する事も多いので、コーションマークは予備も作っておきます。
P1290474

デカールは、ドイツ、ホップステン空軍基地エアショーで公開された特別塗装です。

『制作依頼20-6(Mig29)』の続きを読む…
Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-5(Mig29)

2006/06/13(火) 16:46:30

制作依頼20(Mig29)
基本になる迷彩塗装をします。
キットの説明には、カラーの指定が無いので雑誌等の記事を参考に選びました。
グレー:明灰白色
グリーン:ダークグリーン
迷彩はいつもの様にPCで加工しプリントアウトした物を使用し、エッジをぼかす為に少し浮かします。
P1290473

Mig29記事全文トラックバック数:0コメント数:0

制作依頼20-4(Mig29)

2006/06/12(月) 14:14:07

制作依頼20(Mig29)
機首の形出しが出来たらペーパー掛けの傷等を消す作業をします。
500番のサフを吹いた上に更に筆塗りで500番の溶きパテを塗ります。
適当な番手でペーパーを掛けます。
ペーパーを掛け終わるとパテでは消えなかった傷や気泡があるので、黒瞬着を使用します。
1000番のサフを吹きペーパー掛けをし、傷が消えたか確認します。
傷が消せたらモールドを彫り直します。
IR追尾センサーをプラ棒を加工して取り付けます。
下部のアンテナもプラ板で追加します。
これ以外の細かいセンサー類は、塗装後に加工します。
P1290346

尾翼も取り付けてサフを吹きます。
Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

B2-1

2006/06/10(土) 23:57:25

B2
凸モールドを彫り直します。
数的には多くないのですが、面積が広いので一本の筋彫りが結構長くて大変です。
上下両面の筋彫りが終わったらペーパー掛けをします。
浅すぎて消えてしまったモールドをもう一度彫り直します。
同じ作業を何度か繰り返します。
P1280562


『B2-1』の続きを読む…
B-2記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-3(Mig29)

2006/06/09(金) 08:31:28

制作依頼20(Mig29)
機首形状の修正です。
まずはパテを盛らないといけませんが、一度ではボリュームが出ないので2、3回に分けて盛っていきます。
結構盛ったつもりでも削ってみると足りなかったって事が良くあるので、出来るだけ大盛りにしておきます。
P1290002


『制作依頼20-3(Mig29)』の続きを読む…
Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

B2-0

2006/06/08(木) 08:26:34

F-117を作ってる時から、結構前に買ったドイツレベルのB-2が気になってました。
買った当時、箱を開けたらモールドが凸モールドだったのでそのまま仕舞ってしまいました。
そんな事を忘れるくらいほったらかしにしてましが、F-117の後でステルステンションが高かったとでも言いましょうか。
勢いで箱を開け、パーツを切り出し仮組み・・・「あ、凸モールド」と気付いた時には仮組み終了。

そんな訳でB-2制作します。
P1280559


『B2-0』の続きを読む…
B-2記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-2(Mig29)

2006/06/07(水) 13:25:56

制作依頼20(Mig29)
エアインテイクの処理をします。
インテイクの両サイドをヤスリで削り、厚ぼったかったエッジを薄く処理します。
本体との段差が有るのでパテで埋めます。
P1280897



『制作依頼20-2(Mig29)』の続きを読む…
Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-1(Mig29)

2006/06/06(火) 23:14:15

制作依頼20(Mig29)
コックピットです。
1・キットの状態です。
2・元になるパーツが無いので現物合わせでプラ板を切り出します。
切り出したパーツを合わせて箱を作ります。
シートはラファールから型取りし、ポリパテで複製した物を実機の写真を見ながら近づけます。
真鍮線でヘッドレスト側面にあるパラシュート固定アームを追加。
銅線にて射出ハンドル追加し、操縦桿も真鍮線で作ります。
3・組み込むとこんな感じです。
4・塗装します。
今回、アカデミー製Mig29のキットも所有していたので一緒に作る事にしました。
アカデミーのキットにはコックピット内のパーツが付いてます。
P1280883

Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼20-0(Mig29)

2006/06/05(月) 23:57:08

制作依頼20-0(Mig29)
次に頂いている依頼はアオシマのMig-29ファルクラムです。
P1280874

このキットもかなり前に一度販売された物で、パッケージ替えの再販です。


『制作依頼20-0(Mig29)』の続きを読む…
Mig29記事全文トラックバック数:-コメント数:0

F117A-3(完成)

2006/06/04(日) 22:02:38

F117A
グレー塗装の方には薄くスミ入れをします。
エンジン排気部分にはリアルタッチマーカーの茶色で焼け色を付けます。
塗装した脚を取り付けてます。
ピン位置が合わないのでピンは切り取って取り付けます。
最後に艶消しクリアーを吹いて完成です。
P1280573


『F117A-3(完成) 』の続きを読む…
F-117記事全文トラックバック数:-コメント数:0

F117A-2

2006/06/03(土) 23:01:45

F117A
コーションマーク等のデカールが出来上がったので早速貼ります。
自作したのは、コックピット横の「RESCUE」やエンジン排気口上の「NO STEP」等の細かい物です。
黒い機体の方等は、コーションマークが有ると無いとではイメージが違って見えます。
デカールを貼り終えたら全体の光沢合わせと、デカール保護の為に光沢クリアーを一旦吹きます。
P1280572

F-117記事全文トラックバック数:-コメント数:0

F117A-1

2006/06/02(金) 23:50:46

F117A
塗装したコックピットパーツを機体上面側に取り付けます。
説明書では下面側ですが、この方が合わせ易いです。
F117もテイルヘビーなので機首にオモリを入れる必要があります。
完成後ではオモリが足りなくても入れられないので入るだけ詰めます。
P1280504


『F117A-1』の続きを読む…
F-117記事全文トラックバック数:-コメント数:0

制作依頼19-5(パンサーG) 完成

2006/06/01(木) 23:37:32

制作依頼19(パンサーG)
仕上げです。
履帯を取り付けますが、履帯の重みが自然に見えるように接着剤で止めます。
履帯の作業が終わったらスカートを接着します。
明るめの仕上げで依頼を受けていたのでスミ入れはしてませんでしたが、少しのっぺりした感じがします。
少しだけスミ入れをする事にします。
デカールを貼って光沢クリアーを吹き光沢を合わせてから、艶消しクリアーを吹きます。
パステル粉でハイライトとホコリ汚れを足して、定着のために艶消しクリアーを吹きます。
P1280505

陸系1/72記事全文トラックバック数:-コメント数:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.