FC2ブログ

FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット

模型制作を日記風に紹介しています。

ORIGINAL KIT

FOXONE
サイトリニューアル中
随時更新中

FOXONE本館

更新:2017/11/10

A119 A118  
C-2A VAW120 TC-156 RCAF  
 
¥6050 ¥3300  
     
A117 A116 A115
T-6A IAF T-2C VF-43 MA340
¥3300 ¥3300 ¥6050

その他のキットは
FOXONE本館
でご確認下さい。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

FOXONE本館
今まで作った完成品の
GALLERYがあります。

ブログ内検索

プロフィール

foxone

Author:foxone
メールはこちらへお願いします。
foxone@hotmail.co.jp

月別アーカイブ

カテゴリー

STRYKERその他

2018/10/27(土) 00:24:02

リハビリの続きとなります。

1/72のストライカーを製作しまいた。
メーカーはトランペッターです。
パーツ点数も少なく、あっと言う間に組めてしまい。
ストレスなく塗装まで半日で終わってしまいました。
作り込む人ならば色々とやる事があるのかもしれませんが、
休日など、一日で完結させたいと考える方には良いかと思います。
tank00.jpg
しかしながら、組み応えと言う意味では不十分だったので、もう一点に手を付けてしまいました。
スケールは同じ1/72で、ACE MODELのBTR-60です。
こちら、トランペッターの製品と同じ気持ちで作り始めたら、
パーツの合いの悪さ、どこに付けたら良いか分からない組立て説明書に泣かされます。

まず、パーツの合いが悪く変形もしているので隙間だらけになります。
仕方ないので、無理やり瞬着で組立て、隙間を低粘度瞬着で埋め整形します。
本体にはバリなのかモールドなのか判別出来ない物がありますが、
形を整える事に集中する事にしてボディを完成させます。
ボディが出来て次に困るのは、装備品の取り付け位置が曖昧な組立て説明書です。
特に足回りがバカみたいに細分化され、更に精度も悪くサスペンションのフレームパーツを組むと、
取り付けられないダンパーパーツや整形不良のステアリングロッドパーツ等てんこ盛りです。
下面は見えない(見ない)ので取り付けられないパーツは無視しました。
そして、一番困ったのは手摺やライトガードのパーツは一切入っておらず。
モデラー自信がパーツを作って取り付ける様指示がある事です。
0.5㎜の真鍮線で手摺とライトガードを自作する羽目になりました。
昇降用のステップも同じように製作するよう指示がありましたが、
想定外のディテールアップ作業の発生に面倒になりこちらも無視しました。
確かにリハビリになりましたが、そういった事をしたかった訳ではないので、
逆にダメージを受けた感じがします。
tank01.jpg
しかしながら、完成品を見ると心が癒されるのも模型の不思議な魅力です。
tank02.jpg
気を取り直し「1/72だったからパーツが細かかったんだ」と自分の中で解決し、
ならば大きい物を作ろうと考えるに至り、以前より箱ばかり眺めていた1/35のストライカーMGCに手を出してしまいました。
「しまいました」と言うのも、こちら、AFVクラブの製品です。
AFVクラブの製品を製作された経験のある方ならご存知かとおもいますが、
サードパーティーのディテールアップパーツが必要のないくらい、細かく再現されたキット内容です。
ちゃちゃっと組んで楽しむ考えしかなかった私には、またもや大ダメージ。
「しまった」と思いつつも、休みを最大限利用し一日中組立て作業をし、次の日には、最後の組立てと塗装作業という状況にしました。
塗装は黒立ち上げで最初から行う予定だったので、組立て段階から下地に黒塗装を済ませ、
塗装自体は考えていたより時間は掛りませんでした。
車体下部の砂埃汚れまではエアブラシで済ませ、アクセントにブラウンのスミ入れをします。
仕上げの最後の方は、のってきたのでエッジにチッピングを入れたりもしました。
元が良いキットなので、時間のある方はもっと丁寧に作ってあげて下さい。
tank03.jpg
しかし、丁度良いパーツ数で、尚且つ作った満足感も得られるキットと言う物は無いのでしょうかね。
前回、今回と今迄中々製作してこなかった飛行機以外のキットを気分転換に製作してみました。
スポンサーサイト
未分類記事全文トラックバック数:-コメント数:0

製作代行お申込み一時中断のお知らせ

2018/05/27(日) 19:53:24

FOXONEでお受けしている、完成品の製作代行のお申込みを、
現在お受けしている依頼分が完成するまで一時中断します。
製作をご希望されていた方々には大変申し訳ございませんが、
ご理解頂きたく思います。

FOXONE
未分類記事全文トラックバック数:-コメント数:0

2018年始まりました。

2018/01/03(水) 18:51:40

あけましておめでとうございます。
新年スタートしましたね。
皆さんはどのようなスタートを切ったでしょう。

2018fox.jpg

私は、1日早々から仕事でスタートしました。
去年とは状況が少々変化しております。
世界も好む好まざる関係無く変化して行くようですから、
FOXONEも変化に対応できるよう柔軟な思考でいたいと思います。

画像の撫子目線の様に、先を見据えて行動を考えて行きたいですね。

今年1年が、皆様にとって良い年になりますようお祈りします。
未分類記事全文トラックバック数:-コメント数:0

絶版商品の販売再開

2017/08/06(日) 15:26:50

絶版品の再生産開可能な物から、販売を再開して行こうと思います。
過去に作ったデータを生かす事も大切かと考えました。

・EP-3E ARIESⅡ
原型も古く、母型も欠けて使えなくなり、技MIXからP-3Cシリーズも出る事だしと、
絶版入りさせた商品です。
パーツだけでも3Dプリントで販売してくれないかと、海外からお問い合わせを頂きましたが、
FOXONEは直接の海外通販は行わない事にしたので、最初は断っていました。
しかし、その問い合わせがあった時に、顔見知りの方から、
Ebayを使って海外に売る商品を探していると相談を頂きました。
では、「海外の方からパーツを~」と言う話をしたところ、
販売代行をしたいと言う所まで話が進みましたが、
数ヶ月経っても契約が成立したと言う連絡が無く確認した所、
先方と連絡が取れなくなったと言われてしまいました。

既に、3D出力用のデータも作って作業していたので、
このままお蔵入りもどうだろうと思った次第です。
技MIXのP-3Cシリーズも海自は順調にリリースされたようですが、
どうも、US系の動きは鈍いのか出ていない様子。

A106 EP-3E ARIESⅡ改造キット
スケール:1:144
価格:¥2800
A106_400.jpg
3D出力となりましたので、商品番号も新しくしました。

・MD-21
もう1つ、旧来の原型から原型母型を作って複製を取っていたキットがこちらで、
主翼をご覧頂くとご理解頂けると思いますが、薄くて最初の母型製作時に破損してしまいました。
母型自体は作る事が出来たので、その後無事販売する事が出来ましたが、
母型が破損すると再生産は無理な状態になります。

これも、3D出力用にモデルデータを調整しましたので、
キットNoも新しくしました。

A107 MD-21改造キット
スケール::1/144
価格:3500
A107_400.jpg

キャスト複製を前提に最初は作られたモデリングでしたが、
今回の3D出力の再販を機会に、当時FOXの複製技術では不可能だったドリーを追加しました。
md21_0.jpg

当初はSR-71の上に載せる事を前提にしていましたが、
このドリーで単体での展示が楽になるかと思います。
md21_1.jpg

宜しければお試し下さい。

未分類記事全文トラックバック数:-コメント数:0

ノスタルジーを楽しむ

2017/07/28(金) 04:04:59

何も引かない、何も足さない、
その時代に作られたそのままを楽しんでみました。

前回のF-20の製作で、デカールが経年劣化でダメになってしまい、
デザインそのままを楽しむ事にしました。

最新のアニメキットは、デザインも進化し、とても恰好良く、
単に組んだだけでも見栄えのする物になっていますね。
バンダイは古いキットも定期的に再販をするのが習慣になっています。
子供の時には手の届かなかったキットも、大人になれば手が届きます。
今回作った「宇宙戦艦ヤマト」の「ブラックタイガー」も、
10年以上前の再販時に、大人買いしたキットの一つです。
bt_00.jpg
大人買いの傾向として、買って安心してしまうのが有ります。
更に、リニューアルされたキットの方が作り易いし、格好いいので、
中々作る切っ掛けも無くなってしまいます。
しかし、それでは買った意味が有りません。
古いキットを完成させるにはそれなりの技術が必要なので、
このキットも、子供時分であれば綺麗に組む事すら出来なかったと思います。
経験を経て作れるようになったからと言って、
リニューアルされたキット並に格好良くしようとし、
自ら敷居を上げてしまうと完成しないのは目に見えています。
ここは昭和のノスタルジーを楽しみます。
bt_01.jpg
今回、作る切っ掛けになったのは、「タイガー」繋がりでした。
この様な、何も足さない、何も引かない模型の作り方は、
ブログには載せていませんでしたが、
私は、たまにやっています。
yamato_00.jpg
ノスタルジーを味わう、
眠ってるキットが有りましたら、
皆様も味わって見ませんか。
未分類記事全文トラックバック数:-コメント数:0
ホーム全記事一覧次のページ >>
Copyright(C) 2006 FOXONE別館「フォックスワンの模型制作日記」+ペット All Rights Reserved.
まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.